自賠責保険の加入が必要な理由

自動車保険の中には法律で加入が義務付けられている物もあります。その一つが自賠責保険です。自賠責は万が一事故を起こしてしまった場合に人間を対象に治療費を補償してくれる保険になります。運転をする上で事故を起こさないというのは大前提ですが、予期せぬトラブルに巻き込まれてしまうケースも少なくありません。相手方に怪我を負わせてしまったにもかかわらずお金がないという理由で治療費が払えないといった事態を防ぐために加入が義務付けられています。任意で自動車保険に入っているから関係ないと認識している人もいますが、これは間違いです。任意保険は自賠責に入っていることを前提に条件が定められています。事故で相手に損害が出た時はまず自賠責から支払われて足りない分は任意でという形になるため、加入をしていないと自賠責分は自腹となってしまうのです。

加入に必要な書類と基本の流れ

自賠責保険の加入には決められた書類の提出が必要となります。提出するものは車検証、現時点で契約している自賠責保険の書類などです。初めての車の購入で自賠責に入ったことがない場合は車検証だけで問題ありません。加入の手続きに関してコンビニなどでもできると認識している人もいますが、コンビニで行えるのは原付を始めとしたバイクだけです。自動車の自賠責はコンビニでは行えないため、車を購入する販売店で行わなければいけません。前述したようにこの保険は加入が義務となっているので必要な書類さえ揃っていれば、購入の契約を交わす時に担当するスタッフから話が出ます。中には少しでも金額を安くするために自分で加入先を探そうとする人もいますが、任意と違って自賠責は金額に違いは出ません。手間を省くためにも素直に販売店に任せる方が無難です。