任意保険とはどんな保険なのか

任意保険は、義務ではなく自主的に加入する保険であり、一般的に「自動車保険」と呼ばれるものは任意保険のことを指します。加入義務のある「自賠責保険」の補償では足りない部分を補うことが主な目的であり、万が一に備えるために、ほとんどのドライバーが加入しているのが現状です。任意保険の加入手続きは、車を購入する際にその販売店で行うケースが多く、契約期間は1年というケースが一般的です。そして任意保険は、車1台に対して1契約になるため、複数の車を持っている場合は、その台数分の契約が必要になります。保険の内容に関しては、基本的な補償内容を定めた「普通保険約款」と、オプションの補償内容を定めた「特約」の2つにより成り立っています。

自賠責保険との違いは何か

「自賠責保険」と「任意保険」の一番の違いは、加入義務があるかどうかであり、全てのドライバーに加入義務を課す自賠責保険に対して、任意保険は自分の意思で加入するかどうかを決めることができます。そしてこの2つの保険には、補償範囲や補償額にも大きな違いがあります。自賠責保険は、相手をケガや死亡させてしまった場合の賠償について一定額まで補償を受けることができますが、物損や加入者自身への補償はありません。その点、任意保険であれば自賠責保険の補償で足りない分を補えますし、物損や自身への補償も受けることができます。任意保険には、対人賠償と対物賠償は必ず付いていますが、その他の搭乗者傷害や人身傷害補償、自損事故などの補償については、保険会社によって選択の仕方が異なります。