法律で加入が義務付けられている保険

自賠責保険は強制保険とも呼ばれています。これは法律で加入が義務付けられているのが理由です。自賠責保険は自動車事故の被害者を救済する目的で設立された保険であり、すべてのドライバーが加入しなければいけません。自賠責保険に加入していなければ車検を受けることができないので、実質的には公道を走行するために自賠責保険への加入が必須と言えます。自賠責保険の加入期間は最短で1か月、最長で37か月であり、1か月単位での契約が可能です。一般的には車検と同時に契約更新を行うので24か月の期間で契約する形になります。また、契約期間が長いほど月々の掛け金が割安になるのも特徴の一つです。

自賠責保険に加入したことを示す証書は車中に置き、すぐに提示できるようにしなければいけません。

自賠責保険の補償内容

自賠責保険が補償するのは交通事故の被害者に限られます。交通事故の多くは被害者と加害者の双方に被害が及びますが、自賠責保険での補償が受けられるのは被害者側の人員だけです。車両などの物品の損害は自賠責保険の対象外なので注意しなければいけません。また、補償金額にも上限があり、無制限で補償を受けられるわけではありません。怪我を負った際は120万円、死亡時には3000万円が補償の限度額になっています。後遺症への補償がもっとも金額が大きく設定されていますが、それでも4000万円が上限です。交通事故の補償額は億単位になることも珍しくないため、十分な補償を求めるなら任意保険への加入が欠かせません。

しかし、任意保険は自賠責保険の不足分を補うことを目的としているので、自賠責保険に加入していなければ利用できないことを注意します。