自賠責では最低限の補償しかされない

任意保険は文字通り加入は任意であるため、強制保険である自賠責に加入するのだから不要なのではと考える人もいるのではないでしょうか。しかし、自賠責というのは最低限の補償しかされないため、それ以上の賠償責任を負った場合には自分で残りを支払わなければなりません。自賠責の最高額は3000万円までとされていて、億単位の賠償が発生するのも珍しくない今の時代だと自賠責による保険が降りたとしても、数千万円以上の賠償責任が発生する可能性があるのです。これだけのお金をポンと払うことができるだけの財力があれば、必ずしも任意保険に加入をする必要はありません。一般的に、それだけの余裕がある人は少ないと考えられるため、万が一を考えると任意保険の加入は必要不可欠と言えます。

自賠責は対人にしか適用されない

自賠責は補償額が少ないだけでなく、対人にしか適用されないという問題もあります。自動車による事故は人身だけでなく物損もありますから、物損のことを考えるとやはり自賠責だけでは不足ということになります。普通の車同士の事故であっても数百万円の損害は珍しくなく、相手が高級車であったり高額な商用車ともなれば物損による損害賠償も青天井になります。物損事故による賠償責任はまるまる本人が背負うことを考えれば、やはり任意保険はなくてはならないものということになるのです。交通事故はどれだけ気をつけていても起こってしまうものであり、一度起こってしまえば人身、対物問わずに高額な賠償責任が発生する可能性がある以上、任意保険には必ず加入をしておいた方が安心です。